ハルディン篠原
   
ハルディンの花
ビンカ 姫りぼん
     
 
可憐な花びらが優雅にまう
 
科名 キョウチクトウ科
属名 ニチニチソウ属
植物分類 一年草
開花時期 初夏〜初秋
用途 コンテナ、ハンギング、スタンド鉢
     
 
   




「日当たり」、「高温」、「排水がいい肥沃な用土」が、花を咲かせ続けるポイントです。
植えつけたあとで茎が伸びてきたら、茎の先端を切り戻しすることで分枝がよくなりボリュームのある株になります。


生育環境  
  • 直射日光と高温を好みます。日当たり風通しのよい場所で育てましょう。
  • 雨の多い時期は苦手です。梅雨時などは長雨にあたらないように軒下などに移動しましょう。
  • 冬越しさせる場合は日当たりのよい室内に入れて、15℃以上の環境で管理しましょう。
水やり  
  • 用土の表面が乾きはじめたら、水をかけましょう。
  • 多湿を嫌いますので、用土が濡れているときは水やりは控えましょう。
  • しおれるほど乾燥させてしまうと、根を傷めて株が弱ってしまうことがありますので気をつけてください。「乾いたらタップリ」がポイントです。
用土と肥料  
  • 排水のよい用土に緩効性肥料を入れて植え付けましょう。植え込み時の元肥はきちんと入れるようにしましょう。
  • 植え付け後1ヶ月が過ぎたら、月1回の置き肥、もしくは週1回の液肥を与えましょう。
  • 花壇に植えるときは、排水のよい場所を選び、緩効性肥料を入れてよく耕してから植え込みましょう。
  • 多肥を好む植物です。肥料が少なくなると花付きが悪くなったり、花の輪が小さくなったりしますので、肥料切れには注意しましょう。